忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

昨日お客様に発送した 86/BRZ用インジェクター コントロール ユニット ステーです♪ 86/BRZは車体を軽量化するとで確実に速くなることから、サーキット派のお客様からよくご注文をいただきます♪(ワンオフ品で税別 ¥6,000でお作りしています) このステーでどのように軽量化できるのかというと・・・

エンジン右側にあるインジェクター上部のカバーを外すことが出来るようになり、約 1.3㎏の軽量化が可能になります。 同時に・・・

Arrowsのサウンドクリエーター キャンセラーを使ってサウンドクリエーターを外せば、更に 0.7㎏軽くできます♪ さらにさらに・・・

エンジン左側のインジェクター上部のカバーを外せば、全部で約 3㎏の軽量化が出来ることになりますよ♪ もっと軽量化したい人には・・・

SHORAI バッテリー&ホルダーキットがお勧めですよ♪ これでどれくらいの軽量化が出来るかというと・・・



約 7㎏!! ということは・・・インジェクター コントロール ユニット ステー、サウンドクリエーター キャンセラー、SHORAI バッテリー&ホルダーキットを同時に装着すれば 10㎏以上もの軽量化が可能になります♪ しかも、かかる金額は¥44,600(税別・工賃別)だけ!! パーツ置換による軽量化ということを考えるとコストパフォーマンス抜群ですよね♪

例えば、カーボンボンネットだとここまで軽くなりませんし(そもそもここまで安くないですし)、バケット―シートも同じ。 チタンマフラーを装着すればこれくらい軽くできますが金額は 4~5倍になってしまいます。 軽量ホイールも太いタイヤを履かせてしまえば重量増は避けられません。 ということで、少ない予算で効果的な軽量化には、インジェクター コントロールユニット ステー、サウンドクリエーター キャンセラー、SHORAI バッテリー&ホルダーキットの 3点セットがお勧めですよ、というお話でした♪




スポンサードリンク

拍手[0回]

先日、86にリアメンバーカラーキットを取り付けたお客様から「帰りの高速で、リアの接地感が凄くしっかりしたように感じた。 リアが良くなった分、フロントが不安定に感じた。」といった内容のメールを頂きました。 Arrows 86にリアメンバーカラーキットを取り付けた時、私も全く同じ印象を受けました。


写真のように、86/BRZのリアメンバーは 4隅にあるゴムブッシュを介してボディーフレームにボルト止めされているため、タイヤとボディが別々に動いていしまいます。 これがトラクションの掛かりやコントロール性が悪く感じる原因となっています。 リアメンバーカラーキットはジュラルミン製のカラーでブッシュを挟み込むことで、ブッシュの捩れを防いでリア回りの剛性を格段にアップさせ、トラクション性能とコントロール性能を向上させてくれます♪




スポンサードリンク

拍手[0回]


5/5(日)の 2019 筑波サーキットトライアル選手権シリーズ第2戦で優勝した市川選手の 86ですが・・・4速に入れると物凄い音がするようになってしまったそうで、ミッションASSYの交換となりました。 オイルを抜くとドレインボルトに鉄粉が付いていましたが、サーキットを走る 86/BRZとしてはこんなものかな? 特に大きい破片などは出てきませんでしたよ。 


前期型よりもギアの入りが良いと言われている後期型のミッションです。 耐久性もあがっていると良いですね♪


6/9(日)の第3戦も優勝目指して頑張ってください!! Arrowsも応援していますよ♪

スポンサードリンク

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]