忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6




Arrowsをご贔屓にしてくださっているお客様の BRZ tSのドライブシャフトインボードをオーバーホールさせていただきました。 いつも遠いところからご来店いただき、ありがとうございます♪ 走行距離は約 16,000㎞ですがサーキット走行などはしていないため、グリスの状態も良くベアリングも全く問題ありませんでしたよ。

この様な状態を見て「オーバーホールするのは早かったかな?」と言うお客様もいらっしゃいますが・・・純正のグリスのまま使い続けるよりもオーバーホールして高級なグリスを使ったほうが寿命が大幅に伸びますから、そんなことは全くありません。 ドライブシャフトインボードのオーバーホールは早めに行うのが吉ですよ♪




スポンサードリンク








気が付けば 10月初めてのブログ更新になってしまいました。(汗) でも・・・安心してください、仕事してますよ♪(古笑) 実は 10月に入ってから 86のエンジン OHを中心に作業をしています。 といっても、エンジンを降ろしたのは 8月中頃だったのですが・・・内燃機屋さんにお願いしたボーリング&ホーニングに時間が掛かったり(夏休み明けで忙しかったみたい)、Arrowsも 8月& 9月が他のお客様の作業でスケジュールがいっぱいで、すっかり遅くなってしまいました。。。(汗)











現在、バルブクリアランスの調整中です。 86/BRZはシムでバルブクリアランスの調整を行うため、写真のようにシックネスゲージでクリアランスを計測し、基準値を外れた場合はカムホルダーを降ろしてシムを交換、再度カムホルダーを載せてクリアランスを計測・・・を繰り返します。

文章にすると簡単ですが・・・バルブが 16個あるので 16か所のクリアランスを測定します。 クリアランスが基準値を外れていればカムホルダーを降ろしてシムを交換しなければいけません。 0.02㎜刻みの 77種類あるシムの中から適正な厚みのものを計算から求めて装着、カムホルダーを載せて 9本のボルトを決まった順番に規定トルクで締付け&緩め、再度締付けを行い、改めてクリアランスを計測します。

FA20は水平対向エンジンなのでカムが 4本ある(ホルダーが 2個ある)ので、他のエンジンに比べて調整に時間が掛かります。 基準値内に収めるだけならまだ大したことではないのですが・・・それぞれのクリアランスを合わせていこうとすると結構大変です。 体感できるほどの差は出ないかもしれませんが、コンマ1秒でもタイムを削ることが出来ればと思いながらクリアランスを合わせましたよ♪




スポンサードリンク
86/BRZオーナーの間で、最近よく話題になるのが「軽量化」です。 足回りやブレーキ、吸排気系などのチューニングが一通り終わって「次に何をやろうか?」というオーナーさんが増えてきたのかもしれませんね

カーボン製のボンネットやドア、トランクはもちろん、ルーフやプロペラシャフトなどのパーツは置換することで大幅に軽量化できますが、それなりにお金もかかってしまいます。 そこで、もっと手軽に軽量化する方法をこっそりお教えしますよ。(笑)



運転席側:990g



助手席側:1341g


写真はエンジン両サイド、インジェクター上に付いているカバーなのですが、両方合わせて約 2.2㎏もあります。 ボルトで止まっているだけなので簡単に外せますよ。 同時に Arrowsで販売しているサウンドクリエーターキャンセラーを使ってサウンドクリエーターを外せば、合わせて約 3㎏の軽量化が見込めます。 さらに SHORAI バッテリー&ホルダーキットを付ければ全部で約 10㎏の軽量化が可能です。 フロント周りが 10㎏軽くなると、クルマの動きも明らかに変わりますよ。 みなさんも是非トライしてみてください♪





スポンサードリンク
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]