忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
 

S2000のミッションをオーバーホールしています♪ 一部のニードルベアリングが欠品中のため作業が中断していますが、来月上旬には出来上がる見込みです。 もうしばらくお待ちください♪

Arrowsではエンジンやミッションのオーバーホール作業も行っています。 交換パーツの在庫状況などによって納期がかかる場合がございますので、日数には余裕を持って作業のご予約をお願いいたします♪



スポンサードリンク

拍手[0回]

夏休み明けから沢山のお客様にご来店いただいております。 ありがとうございます♪ それにしても・・・今年の夏も暑い!! 日中の気温が 35度越えの中での作業は、まさに命がけですよ。(苦笑) 外仕事のみなさん、もうしばらくすれば涼しい秋がやってきます。 熱中症に気を付けてこの夏も乗り切りましょう!!

さて今回は、J's Racing 製つちのこエアインテークシステムの取り付け作業ですよ♪ 


今回取り付けたのは J's Racing製 TYPE-Sバンパー専用タイプのため、開口部はこの位置になります。 フレッシュエアを強制的に導入させ空気密度を高める構造になっていますね。 チャンバー形状の採用により充填効率を向上してレスポンスアップにも貢献するそうですので、装着後の走行が楽しみですね♪



スポンサードリンク

拍手[0回]


先日ブログにあげた Arrows フロントビックローターキットに関して、早速お問合せをいただいております♪

S2000は本多技研工業創立 50周年を記念して 1999年4月に登場した本格的FRスポーツカーですが、それから既に 20年以上が経過していることもあり、ブレーキがプアに感じてしまう場面が多々あります。 特に、サーキット走行している S2000のフロントブレーキローターが割れやすいのは、元々 205/55R16サイズのタイヤが装着されていたところに 255/40R17や 265/35R18サイズのタイヤ(しかも現代の超ハイグリップタイヤ)を履かせ、高ミューのブレーキパッドで高速域から急制動をかけることが原因として挙げられます。


Arrowsのフロントビックローターキットは、SPOON製モノコックキャリパーに 323Φのビックローターを組み合わせることで、高いコントロール性と制動力の大幅な向上により自信を持ってコーナーに飛び込んで行くことを可能にします。


また 4POTキャリパーでありながらスペーサーなしで装着できるホイールの種類が多いのも魅力の一つです。 今装着されているホイールの種類によっては、ホイールの買換えやフェンダーの加工が必要ないため 4POTキャリパー導入のハードルが大幅に下がります。(マッチングにつきましては、下記の表をご参照ください) ブレーキシステムのバージョンアップをお考えのお客様は、是非 Arrowsのフロントビックローターキットをご検討ください。


・AME TS-02
17×9J+54 OK

・RAYS ZE40
17×9J+61 OK

・RAYS RE30
17×9J+63 OK

・RAYS CE28N
17×9J+63 OK
17×9J+54 OK
17×9J+40 OK
17×7.5J+50 3㎜スペーサーでOK

・ENKEI RPF1
17×9.5J+38 OK
17×9J+45 10㎜スペーサーでOK
17×7.5J+48 OK

・ADVAN Racing RS
17×9J+45 OK

・ADVAN Racing RZ
17×7.5J+48 OK

・Buddy Club P1 RACING
17×9J+47 OK

・SPOON CR93
17×8.5J+53 OK





スポンサードリンク

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]