忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

NDロードスター用のヒールプレートです。 通信販売でお買い上げいただきました。 ありがとうございます♪ いただいたメールを読ませていただくと「純正マットのすり減った部分に被せて使いたい」と書いてありました。 かかとが乗る部分が特にすり減りやすいようですが、ヒールプレートを装着すればすり減ることもなくなりますね。 見た目もスポーティーになって一石二鳥ですね♪



スポンサードリンク

86/BRZ用アクセルペダルオフセットプレートです♪ 次のロットの入荷は 4月中旬の予定です。 入荷後すぐに売切れることはないと思うのですが・・・86/RBZの KOUKIの納車が進んだせいか、ここ最近のお問合せが増えていることを考えると、正直ちょっと心配だったりします。。。 そこで、お急ぎのお客様のためにバックオーダーの受付を開始いたします。 バックオーダーをご希望のお客様は Arrows(ar-ask@arrows-japan.com)までご連絡ください。 よろしくお願いします♪




スポンサードリンク
昨日の「ドライブシャフト インボード オーバーホール後の状態②」では、「OHした左側のインボードはどれくらいで寿命を迎えるのか?」というところで話が終わりました。 では実際、どれくらいの距離を使えるものなのでしょう? 以前のブログに OH後約 17,000㎞使用したインボードの中身を確認した記事がありました。



その時の左側のインナーが上の写真になります。(OHした方にしかわからないかもしれませんが・・・スプラインの切り方とキズの付いた位置で左側と分かっていただけると思います。)

写真からフレーキングと呼ばれるキズ(剥離)が出来始めているのが確認できます。 つまり・・・「OHしても左側のインボードは約 17,000㎞で寿命を迎える」ということになります。 もちろん、そのまま使用してもしばらくは普通に走れると思いますが・・・いずれ振動や異音が発生し、破損する(←こちらは OH無しのインボード)と思われます。 サーキット走行を趣味にされている方は、特にご注意ください。

数少ないサンプルでの検証ではありますが・・・サーキット走行を頻繁に行う 86/BRZの場合、「OHしても左側のインボードは約 17,000㎞で寿命を迎える」ということになりました。 しかしながら「右側」のインボードは約 40,000㎞使えることが分かりましたので、左側のインボードが寿命を迎える時期に左右を入替えさらに寿命を延ばすというのもアリかもしれません。





スポンサードリンク
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]