忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

2012/12/24に走らせた時とほぼ同じ仕様ながら、試作の車高調のセッティングを煮詰めて再度アタックを敢行。

<車両>     TOYOTA 86 Gグレード
<車高調>    Arrows サスペンションキット TYPE-C(試作)
<タイヤ>      グッドイヤー イーグル RSスポーツ 255/40R17
<ブレーキ>    16インチローター&キャリパー(GTグレード純正)
<パッド>      Winmax ARMA AP2
<ファイナル>   4.5(Arrows)
<デフ>      トルセン(GTグレード純正)
<エアロ>     カーボンGTウイング(Arrows)
<補強系>    リアメンバーカラーセット(Arrows)
            フロントデフマウントカラー(Arrows)

タイムは 41秒394(2013/2/1)で 0.5秒短縮に成功しました♪

 

純正トルセンのデータがほぼ取れたところで、クスコ製機械式 LSDを装着。 タイヤは当時注目されていたクムホ V700を投入してみました。

<車両>     TOYOTA 86 Gグレード
<車高調>    Arrows サスペンションキット TYPE-C(試作)
<タイヤ>      クムホ V700 255/40R17
<ブレーキ>    16インチローター&キャリパー(GTグレード純正)
<パッド>      Winmax ARMA AP2
<ファイナル>   4.5(Arrows)
<デフ>      クスコMZ 1WAY
<エアロ>     カーボンGTウイング(Arrows)
<補強系>    リアメンバーカラーセット(Arrows)
            フロントデフマウントカラー(Arrows)

6月の暖かい時季だったものの、2月のタイムを上回る 41秒307(2013/6/2)を出すことができました♪



スポンサードリンク

拍手[0回]

ということで、まずは完全ノーマル状態で 86の基礎体力を測定してみました♪ Arrows 86は Gグレードで主なポイントは下記の通り。 なお、タイムは全て TC1000で計測したものになります。

<車両>    TOYOTA 86 Gグレード
<タイヤ>     ヨコハマⅾB E70 205/55R16(純正装着タイヤ)
<ブレーキ>   15インチローター&キャリパー(純製)
<ファイナル>   3.7(純製)
<デフ>     オープンデフ(純製)

タイムは 45秒284(2012/4/28)で、これがチューニングしていく上での基準タイムとなります。


Gグレードのブレーキが全く使い物にならなかったのと GTグレードを購入するお客様が多かったことから、ブレーキを GTグレード純正の 16インチローター&キャリパーに交換。 また、GTグレード純正のトルセン LSDをテストするために装着しました。

<車両>     TOYOTA 86 Gグレード
<車高調>    Arrows サスペンションキット TYPE-C(試作)
<タイヤ>      グッドイヤー イーグル RSスポーツ 255/40R17
<ブレーキ>    16インチローター&キャリパー(GTグレード純正)
<パッド>      Winmax ARMA AP2
<ファイナル>   4.5(Arrows)
<デフ>      トルセン(GTグレード純正)
<エアロ>     カーボンGTウイング(Arrows)
<補強系>    リアメンバーカラーセット(Arrows)
            フロントデフマウントカラー(Arrows)

他にもアクセルペダルオフセットプレートやサウンドクリエーターキャンセラーなどのオリジナルパーツが多数ついていましたが、主な変更点は上記の通り。 タイムは 41秒898(2012/12/23)で、この時点では「とりあえずパーツを付けてみた」といったところ。。。 ここから本格的なセッティングが始まります。




スポンサードリンク

拍手[0回]

デモカーの 86が Arrowsに来てからもうすぐ 8年になろうとしています。 今でこそ 1分2秒873@TC2000、38秒589@TC1000というタイムを出している Arrows 86ですが、86/BRZのお客様に的確なチューニングアドバイスが出来るようコツコツとクルマを作り上げてきました。 ターボや SCでドカンとパワーを出した派手なエアロのマシンを一気に作り上げ、プロドライバーを乗せて TC2000を分切りさせればお店の宣伝には効果的ですが・・・少しづつクルマをチューニングしていくお客様に対してフィードバックできるデータをしっかりとることが難しくなってしまいます。。。

ということで、Arrowsではお客様に的確なアドバイスが出来るよう、お客様の一歩先行くチューニングでデータ収集を行っているのですが・・・ここで、Arrows 86の進化の過程をベストタイムと一緒にまとめてみようと思います。 ちょっと長くなりそうなので、数日に分けてブログにアップしたいと思います。 お楽しみに~♪




スポンサードリンク

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]