忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

BRZに取り付けるオイルクーラーコアに専用の導風板を作ってみましたよ♪ 空冷式オイルクーラーの場合、このコアの部分で空気と熱交換をしてオイルを冷やすわけですが、「コアに風を当てる」だけではダメなんです。 本来の性能を引き出すには「コアに風を通す」ことが重要でして、効率良く風を通すために導風板が必要になるという訳なんですね。 みなさんも是非試してみてください♪




スポンサードリンク
オイルクーラーコアにクラックが入ってオイル漏れを起こしてしまった BRZ・・・注文していたセトラブのオイルクーラーコアが届いたので、修理作業を再開しましたよ♪



セトラブは冷却性能の高い軽量かつ低圧損のコアを製造し、モータースポーツのみならずスーパースポーツ車輛などにもOEM供給される信頼あるメーカーなのです。 さらに Arrowsが気に入っているのは、フィッティング取り付け根元部分の径が大きくホースからの力に対する強度が高いというところ。 ナンバー付き車両に装着する場合、こういったところの強度はとても重要ですね。




元々付いていたオイルクーラーコアとは若干サイズが違うので、ステーや導風板を製作しなければならないのですが・・・その前にアンダーパネルなどのパーツをを外して、オイルまみれになってしまった部分を徹底的に洗浄しますよ。




中性洗剤を混ぜたスチームで細かいところまで洗浄します!! 気温 30℃超えの中、スチームを使うのはマジでヤバいです。  30分もやっていると意識が遠のきます。。。(苦笑)



気合を入れて、コンデンサーのフィンに溜まっていたオイルも綺麗に洗い流します。



オイルでベトベトだった足回りもスチームを使って洗います。  ホイールハウス内は熱気がこもって、もはやサウナ状態!! これが一番ヤバかった。。。(苦笑)



流れ落ちてきたオイルです。 この後、中性洗剤を混ぜないでもう一度スチーム洗浄!! この日、体重が 2㎏程落ちました。。。(笑)



スポンサードリンク

BRZのリアスプリングの交換とレボリューション製調整式リアピロロアアームの装着をさせていただきました。 ありがとうございます♪ 86/BRZのリアはトー調整しかできないので・・・キャンバーの調整を可能にするには、ロアアームを調整式に交換する必要がありますよ。 レボリューション製のロアアームは赤色の塗装がカッコ良いですね♪



スポンサードリンク
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]