忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1687]  [1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1679]  [1677]  [1676

先日の WORKS TUNING CIRCUIT DAYで、このようなトラブル↑がありましたのでご紹介します。

オーナーさんによると・・・コースインして数周走った後、タイヤの空気圧をチェックしようとピットに戻ってきたところ、左フロントのホイール内側にオイルが付着していたそうです。 実際、ホイール内側はオイルでベッタリでホイールハウス内もオイルがかなり飛び散っている状況でした。 ブレーキホース抜けを疑いましたが・・・実際は ATミッションのオイルレベルゲージが抜けていたのが原因でした。

ATミッションのオイルレベルゲージは見え難く手が入り難いところにありますが・・・サーキットを走行する時は、エンジンのオイルレベルゲージと同様に何かしらの方法で対処することをお勧めします。


スポンサードリンク
       スポンサードリンク
[1687]  [1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1679]  [1677]  [1676
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]