忍者ブログ
Arrows の日々をお届けしています。
[1807]  [1806]  [1805]  [1804]  [1803]  [1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1798]  [1797


ご近所様のダイハツタントのブレーキパッド交換をさせていただきました。 ありがとうございます♪



サーキットを走るようなクルマではないので、付いているパッドは純正、交換するパッドも純正です。 パッドの摩材部分が減ってくる(おおよそ残り 2㎜くらいになる)と、矢印で示したウェアインジケーターの先端がブレーキローターに接触し、キーキー音がするようになります。 この音がしたら、早めにパッドを交換してください。 ちなみに、この車両の走行距離は約 66,000㎞とのことでした。



サーキットで使用するスポーツパッドの場合は、残り半分(約 5㎜)になったところで交換することをお勧めします。 「まだ半分残ってるのに?」と思われるかもしれませんが・・・摩材は減れば減るほど無くなっていくスピードが速くなるため、思いもよらないトラブルに見舞われる場合があります。

以前・・・パッドが半分残っているのを確認してサーキットを走行したものの、途中で摩材が完全に無くなり裏金とローターが接触。 パッドを押しているキャリパーピストンが高熱になりOリングが融け、そこからブレーキフルードが漏れて出火・・・ということがありました。

サーキットに通い慣れたお客様でもこういったことがありますので、保険の意味でも「半分になったら交換」を励行してください。




スポンサードリンク
       スポンサードリンク
[1807]  [1806]  [1805]  [1804]  [1803]  [1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1798]  [1797
PR
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]